人気ブログランキング |

お菓子教室 「Salon du Gateau」 Sweets diary

sdgateau.exblog.jp
ブログトップ
2020年 01月 31日

パリ お菓子旅行記 vol.4

パリ お菓子旅行記 vol.4_c0193245_02302687.jpeg
今回も女子5人旅。
アパルトマンを借りて自炊もしながらの7日間。

パリ お菓子旅行記 vol.4_c0193245_02320871.jpeg
まずはこちらのレッスンへ。
最近は様々なパティスリーで、お菓子のレッスンを開催
していて、この日は
アンディマンシュアパリへ。

パリ6区サンジェルマンデプレから歩いてすぐのオデオン
という駅に佇む石畳の路地にあります。
グレーを基調とした店内は、シックでとても素敵。

「ある日曜日のパリ」と名付けられたこちらのお店。
「1週間で一番楽しみな日、日曜日をショコラで楽しみませんか?」という思いで名付けられたそう。

ショコラティエでありながら、ケーキも種類多く、
店内は様々なスイーツが並べられています。

こちらの2階のキッチンスタジオにてレッスン。
習ったのは
「タルトスフレオショコラ」
4つのテーブルに分かれて一人一台作成。
受講者は日本人は私達だけ。
年齢も性別も様々。

カップルで参加している人々は
タルト完成と同時にハグしたりww
(流石フランス❤️)

素敵なムッシューが一生懸命タルトを敷き込んでいたり。

日本なら、男性がお菓子を習うなんてきっと恥ずかしいと思われなかなかみられないと思うのですが、
真剣にドンドン(シェフの説明も聞かずにマイウェイで(笑))作業を進めるのは、国民性というか。
面白いなー。しかもそんなに上手ではないのに(←失礼‼︎)

でもそんな所が良いなーと。
私だったら、失敗したくないから、
周りを気にして作業してしまうので。
お菓子以外にそんな所に関心したりして。。。

肝心の実習は、
なんとカードもゴムベラも使わずにタルト生地を作るという
驚きの作製法。
道具なんて使わなくてもお菓子はできるんだ‼︎
と目から鱗。
(でも非常に作りづらく
カードル貸してください🙏と心の中で呟きましたが)

スフレオショコラもなんともシンプルな作り方で、
出来上がりはトロットロで生焼け⁇
と思いましたが、一晩冷蔵庫で寝かせたら
あら不思議。あんなにトロットロだったスフレ生地がしっとり落ち着いて美味しー♡

これは何かに活かせそう‼︎

しかし一人一台作成なので4台お持ち帰り
(今回は一人はお菓子作りはせず)
流石に4代は食べきれないので、通訳の方に
無理矢理⁇2台お渡ししましたww

パリお菓子旅行続きます。。。



# by salon-du-gateau | 2020-01-31 08:29 | パリ旅行 | Comments(0)
2020年 01月 29日

パリ お菓子旅行記 vol.3

パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_16202129.jpeg
ベルギーの首都ブリュッセルの中心にある
世界遺産グランプラス。
中世の立物に囲まれた広場
季節により様々なマーケットが開催され
多くのひとで賑わっているそう。
見所は、ほぼここから徒歩圏内で回る事ができます。

パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_16403056.jpeg
世界最古のアーケード
「ギャラリーサンチュベール」
アーケードの中は、ベルギーの人気のショップや
ショコラティエやカフェが並びます。

パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_16440766.jpeg
ベルギーといえば、チョコレート
GODIVA、ノイハウス、ピエールマルコリーニ、
デルレイ、レオニダス
日本でもお馴染みのショコラティエ
ベルギー発なんです。
写真左上は、ピエールマルコリーニ本店
趣きのある建物が印象的です。

本当にショコラティエが沢山あり、
パティスリーをあまりみかけませんでした。
パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_08090033.jpeg
こちら日本未上陸のショコラティエ
「Mary」
パッケージも可愛くてプレゼントにもぴったりです。

パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_08164806.jpeg

  • メゾン・ダンドワが創業以来185年以上作り続けている、ヨーロッパの伝統菓子スペキュロス。
  • ベルギーだけでなく周辺のヨーロッパ諸国にもその名が広く知られています。
  • ブラウンシュガーとシナモンやクローブなどのスパイスが程よく配合され、様々な形で焼かれるのも魅力的です。
パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_08224378.jpeg
そのほか生粋のブリュッセル人エルジェにより描かれた
「タンタンの大冒険」の壁画や、
世界三大がっかりの一つ「小便小僧」など。
歩いて回れる見所沢山めでパリからの日帰り旅行にぴったり
でした!


# by salon-du-gateau | 2020-01-29 16:18 | パリ旅行 | Comments(0)
2020年 01月 28日

パリ お菓子旅行記 vol.2

パリ お菓子旅行記 vol.2_c0193245_16514692.jpeg
翌日はベルギーへ日帰り旅行。
パリからベルギーへは、タリスという列車で
1時間20分程で着きます。

パリでは12月から大規模なストが敢行され
私達が到着するする前週までは、メトロも
昼間は間引き運行され、
交通が麻痺し、人々はそれによるストレスで
トラブルも多く大変だったそうです。

安全第一で、動ける範囲で楽しもうねと話していて、
ベルギー日帰りも行くのは難しいかもと話していました。
ところが、出発の前週あたりから、ストもだいぶ収まり、
タリスも通常の8割程度は動いているとの事で、
急遽前日に列車を予約。
無事に行く事ができました。

パリ お菓子旅行記 vol.2_c0193245_07394132.jpeg

ベルギーといえばワッフル
日本でも一時期流行りましたね。
ベルギーワッフルには2種類あり、

ベルギーの首都ブリュッセルの名が付けられた「ブリュッセルワッフル」と、南東部の都市リエージュの名が付けられた「リエージュワッフル」。この両方を総称して「ベルギーワッフル」と呼ばれています。

ブリュッセルワッフルとは(左下写真奥のもの)長方形の生地の上に生クリーム、アイスクリーム、チョコレートシロップ、フルーツなどを載せたものです。食感はフワフワしていて生地が軽いのが特徴。生地自体に味はあまりついていないので、上にフルーツや生クリーム、ジャム、アイスクリームなど、好みの甘みを載せて食べられます。

一方リエージュワッフルとは
丸型や楕円形のもので、生地の中に粒状のパールシュガーが入っているのが特徴。パールシュガーは熱に強いので、ワッフル生地を高温で焼いてもあまり溶けません。その為、ジャリっとした食感がワッフルに残っていて、その食感も楽しむことが出来、日本でも馴染みのあるのは、こちらのタイプです。

人気のお店で食べ比べたり、
ブリュッセルとリエージュを食べ比べたり。
楽しい時間です♡

パリ お菓子旅行記 vol.2_c0193245_07481602.jpeg

そろそろお腹も空いたのでランチタイムにしましょう。
ベルギーの名物といえば「ムール貝」
ベルギーで食べられるムール貝の多くは、オランダで獲れるものだそうで、近いため冷凍されずに届くので
日本とはまるで味が異なり美味だそう。
バケツの様な入れ物に溢れんばかりに入ったムール貝は
本当に美味しくて、ベルギービールとの相性も抜群でした✨✨

ベルギーレポ続きます。




# by salon-du-gateau | 2020-01-28 16:51 | パリ旅行 | Comments(0)
2020年 01月 27日

パリ お菓子旅行レポ vol.1

パリ お菓子旅行レポ vol.1_c0193245_05280293.jpeg

一昨日無事にパリに到着しました。
日曜日はお店も閉まっている所が多いので、
「ザンファンルージュの市場」へ
ひとまず食料の買い出しに。

日曜日なので、閉まっているお店も多かったですが、
新鮮なお野菜や魚介類、チーズなどが並んでいました!

パリ お菓子旅行レポ vol.1_c0193245_05311449.jpeg

この市場は、生鮮食品の他にイタリアンやモロッコ、
メキシコ等様々な国の料理がイートインで頂けるお店が有名だそう。日曜日の為閉まっているお店も多く、ガレットをみんなでシェア。 シンプルなブールサレ、チーズ&オニオン&ハムなどたっぷり入ったガレットどちらも美味しかった!

パリ お菓子旅行レポ vol.1_c0193245_05344146.jpeg
ブラブラと歩いていると、今回行きたい!と思っていた
パティスリーを発見✨✨
水色のベンチが何ともパリらしい可愛いお店。
中には、様々なタルトが沢山✨💕
甘さ控え目で食べやすくとっても美味しかった!

パリ お菓子旅行レポ vol.1_c0193245_05372798.jpeg

今日の1番の目的は、アフタヌーンティー。
そう言えば、3回目のパリお菓子旅行にして初めて‼︎

行った先は「ルブリストルパリ」内のカフェ。
ルブリストルパリは、5つ星を超える「パラスホテル」
エレガントな店内で、お店の店員さんも感じが良く
アフタヌーンティーの雰囲気を楽しめました。
パリ お菓子旅行レポ vol.1_c0193245_16182954.jpeg
まずは3段トレーに
サンドウィッチ、ケーキ3種、
そしてクグロフが。

かなりのボリュームで、サンドウィッチとケーキ2種で既に
お腹いっぱいに💦
ケーキは、モンブラン、柚子を使ったシュー、
グレープフルーツとピスタチオのケーキ3種。

モンブランはタルト仕立てで、サブレ生地の厚さも絶妙に美味しくカシスが組み合わせてあり、
重くなく、甘さも控え目で食べ易い。
逆にもう少し栗を感じる重さがあっても良いかもという位。
シューも、柚子がとっても効いていて、爽やか。
全体的に甘さも控え目で、組み合わせも良く
どのケーキも美味しかったです。

最後にスコーンが出てきたのですが、
これが写真右下のマフィンのようなもの。
これが想像していたスコーンと異なり
ちょっと残念でしたが、
アフタヌーンティーの雰囲気を楽しむ事ができました。

帰りは腹ごなしに歩きながらお買い物をしながら。

パリでお菓子を楽しむ旅が始まりました。

明日は日帰りでベルギーまで行く予定です。


# by salon-du-gateau | 2020-01-27 05:27 | パリ旅行 | Comments(0)
2020年 01月 25日

行って来ます!

行って来ます!_c0193245_11284494.jpeg
パリにお菓子研修旅行に行ってきます!
お菓子を習ったり、お菓子屋さんを巡ったり、
新しいお菓子の方も色々見れたらいいなーと思っています。

留守宅が心配ではありますが、
昨日沢山作り置きおかず作ったので、
大丈夫でしょう(^ ^)
息子にコタローを託して!
またレポしていきますね!!

ひとまずパリに向けて行ってきます!


# by salon-du-gateau | 2020-01-25 11:27 | Comments(0)