人気ブログランキング |

お菓子教室 「Salon du Gateau」 Sweets diary

sdgateau.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:パリ旅行( 19 )


2020年 02月 03日

パリ お菓子旅行記 vol.9

パリ お菓子旅行記 vol.9_c0193245_00203225.jpeg
お菓子屋さんやパン屋さんにも沢山
足を運びました。
今もっとも注目されているパティシエ
ムーリスのクリスチャングロエ
以前はムーリスでしか頂けなかったのが、テイクアウト可能に。

印象的な形のケーキはなんと1個17€(2200円位)クッキー1枚5€💦
季節に合わせて5種のケーキがあるそう。
この印象的な形はショコラで出来ていて、パリッと割ると中からトロッと様々なパーツが出てきます。

17€と期待して食べると⁇な気もしますが、
一度は食べてみる価値ありです。

最近のパリのケーキはシトロンや柚子など柑橘の酸味を取り入れさっぱり頂けるケーキが多い印象。
始めに行ったブリストルパリのアフタヌーンティーでも、柚子を使ったシューや、カシスを効かせたモンブラン等。甘みを抑え日本人にも食べやすいケーキが多かったです。
パリ お菓子旅行記 vol.9_c0193245_00231353.jpeg

こちらはショコラティエ
「ベルナシオン」
リオンにしか今までになかった、
ショコラティエがパリにもオープン

「ベルナシオン家の人間だけで製法や伝統を守り続けて行く」というシェフの考えの元職人肌の職人がチョコレートの味や風味を守り続けています。そのため従業員も外部の人がおらず、今も家族だけでこじんまりしたショコラトリーを経営しています。そのためこのチョコレートは価値があります。

今はそんなお店も増えて来ましたが、「Bean To Bar」と呼ばれカカオの栽培から始まって、カカオの収穫、カカオの輸送、そしてカカオの加工やチョコレートの作成まで行う。当時はパイオニア的存在だったそうです。

日本で開催される
サロンドショコラでも、大変人気が高く、
パリで買うよりもずっとお高くお値段設定されているにも関わらず、すぐに売り切れてしまうそう。

パリでは、ボンマルシェのあるお馴染みの地区にあり、日本人の店員さんもいらしてゆっくりお買い物ができます。しかもお値段は日本の1/4程。

お友達へのお土産と自分用に大人買い。

パリ お菓子旅行記 vol.9_c0193245_00370222.jpeg

あとはレッスンでもご紹介したいなとパリで1番のカヌレ屋さんルモワンヌへ。 なんと店員さんは日本の方で、銅型の手入れの方法や、最近のパリでのカヌレの作り方など色々と教えて頂きました。
銅のカヌレ型も思い切って揃えたのでいつかレッスンでもご紹介したいです。
パリ お菓子旅行記 vol.9_c0193245_00373158.jpeg

パリのケーキでよく見かけたのが、
この様なデコレーションのケーキ
アントルメでもプチガトーでも可愛らしく仕上がりますね。





by salon-du-gateau | 2020-02-03 18:19 | パリ旅行 | Comments(0)
2020年 02月 03日

パリ お菓子旅行記 vol.7

パリ お菓子旅行記 vol.7_c0193245_00082351.jpeg
お買い物へも行きました。

お決まりのお菓子の道具街。
日本の合羽橋と言った所でしょうか。
ヴァローナのチョコレートも1キロ2800円位で
買えるので買いたかったのですが、欲しい銘柄が無くて残念‼︎
マロンペーストやマロンクリーム、ピーカンナッツ等は日本で買うよりも随分安いので、レッスン用に買い求めました。
あとドライトマトが沢山入って2.98€‼︎
何度来ても楽しいです。

パリ お菓子旅行記 vol.7_c0193245_00090946.jpeg

雑貨屋さんにも色々足を運びました。
フリフリナフキンで有名なBORGOにも。
残念ながら欲しい色が品切れでしたが、(涙)
店内のディスプレイを見ているだけで楽しー♡

あとはお決まりの紅茶
「ベッジュマン&バートン」
こちらのフレーバードティーは嫌な癖が無くて
飲みやすく、お菓子や季節に合わせてレッスンでもお出しさせて頂いてます。
日本で買うとびっくりする位お高くて、とても手が出ませんが、パリでは、袋入りで100gで5-6€程。
夏にも沢山買ったので、昨秋使ってしまった秋&冬の紅茶を購入してきました。
これで一年は大丈夫です(笑)



by salon-du-gateau | 2020-02-03 00:07 | パリ旅行 | Comments(0)
2020年 02月 01日

パリ お菓子旅行記 vol.6

パリ お菓子旅行記 vol.6_c0193245_15515825.jpeg
もう一つ受講したのは、
「KLパティスリー」

2016年にオープンした
ケヴィン・ラコットシェフのお店です。
店内にはサロンドテもあります。
意外とパリにはサロンドテ付きのパティスリーが少ないので、
ゆっくりその場で頂けるのが嬉しいですね。
ヴィエノワズリーも美味しくお勧めとの事で朝食付きセットも人気だそう。

訪れた日も店内はお客さんでいっぱい。

レッスンはお店が終わった後の厨房で行われ、
シェフ自ら教えてくださいます。

今回はリンゴのタルト

タルトの敷き込み方や林檎のキャラメリゼの方法等、こちらも新しい手法が沢山✨

またソテーした林檎とフレッシュな林檎を混ぜケーキの中には忍ばせたり、
アニスと林檎の酢をきかせたキャラメルなど
興味深いパーツも。
デコレーションも独創的。

ただ時間が経つと林檎から水分がでて、
キャラメルが溶けるので、出来立ての状態を維持する事ができないのが難点。

こちらもいつか活かしたケーキをご紹介できたら良いなと思っています。



by salon-du-gateau | 2020-02-01 18:51 | パリ旅行 | Comments(0)
2020年 02月 01日

パリ お菓子旅行記 vol.5

パリ お菓子旅行記 vol.5_c0193245_03165925.jpeg
美術館へも足を運びました。
ルーブル 、オルセー、オランジュリーは
以前観たので、今回は少しこじんまりとした美術館へ。

まずはピカソ美術館

こちらは、
アートギャリーなども多い3区マレ地区にあります。
美術館となっている建物は、オテル・サレ(Hôtel Salé)という、かつて塩に対する税金の徴税により裕福になった人物が建てた建物であることから、塩の邸宅とも呼ばれた、17世紀中頃の歴史あるお屋敷です。

中には素敵な階段もあります。
パリの邸宅美術館はその建物を観るのも楽しみですね。

パブロ・ピカソ (Pablo Picasso) は、1881年生まれ、スペイン出身の20世紀を代表するアーティストで

19歳にしてパリで初の個展を開き.その数年後からパリに移り、生涯に渡りフランスで活躍したそうです。
ピカソは、時期によりガラッと作風を変化させていったアーティストで、キュビスムの代表的アーティストとして知られる他、通常の絵画以外にもコラージュや彫刻など様々な媒体で本当にたくさんの作品を残しています。

ピカソ美術館にも絵画以外に様々な作品が展示されていました。

パリ お菓子旅行記 vol.5_c0193245_15353599.jpeg


こちらは
マルモッタンモネ美術館
今回是非訪れてみたいと思っていた美術館です。

オランジュリーやオルセーでもモネの作品は観ることができますが、こちらは最大のコレクション。
そして、チケットを購入するのに並ぶ事も無くゆっくりと観れるのでとってもお勧めです。

こちらはパリ西部 ブローニュの森にも程近い
高級住宅街16区にあります。
周りのアパルトマンを見ても、高級だとわかる素敵な街でした。

4年前に訪れたジヴェルニーにあるモネの家が
あまりに素敵すぎて今でも鮮明に覚えていて、
モネの睡蓮の絵はいくら眺めても飽きません。

こちらも邸宅美術館なので、建物の美しさも楽しむ事ができます。またナポレオン1世の調度品なども飾られ、当時の様子を垣間見る事ができます。

またルノワールが描いたモネとモネの奥さんの肖像画も印象的でした。
モネの作品は地下の常設展でゆっくりみる事ができます。
モネの代表作「印象日の出」や「睡蓮」も沢山飾られていました。
モネは晩年をジヴェルニーで過ごし、自身で描きたい庭を作り、その睡蓮の咲く庭を様々角度から何枚にも描かれたそうです。またジヴェルニーにも訪れてもみたいと改めて思いました。

モネや印象派がお好きな方には是非訪れて頂きたい
美術館です。


by salon-du-gateau | 2020-02-01 03:14 | パリ旅行 | Comments(0)
2020年 01月 31日

パリ お菓子旅行記 vol.4

パリ お菓子旅行記 vol.4_c0193245_02302687.jpeg
今回も女子5人旅。
アパルトマンを借りて自炊もしながらの7日間。

パリ お菓子旅行記 vol.4_c0193245_02320871.jpeg
まずはこちらのレッスンへ。
最近は様々なパティスリーで、お菓子のレッスンを開催
していて、この日は
アンディマンシュアパリへ。

パリ6区サンジェルマンデプレから歩いてすぐのオデオン
という駅に佇む石畳の路地にあります。
グレーを基調とした店内は、シックでとても素敵。

「ある日曜日のパリ」と名付けられたこちらのお店。
「1週間で一番楽しみな日、日曜日をショコラで楽しみませんか?」という思いで名付けられたそう。

ショコラティエでありながら、ケーキも種類多く、
店内は様々なスイーツが並べられています。

こちらの2階のキッチンスタジオにてレッスン。
習ったのは
「タルトスフレオショコラ」
4つのテーブルに分かれて一人一台作成。
受講者は日本人は私達だけ。
年齢も性別も様々。

カップルで参加している人々は
タルト完成と同時にハグしたりww
(流石フランス❤️)

素敵なムッシューが一生懸命タルトを敷き込んでいたり。

日本なら、男性がお菓子を習うなんてきっと恥ずかしいと思われなかなかみられないと思うのですが、
真剣にドンドン(シェフの説明も聞かずにマイウェイで(笑))作業を進めるのは、国民性というか。
面白いなー。しかもそんなに上手ではないのに(←失礼‼︎)

でもそんな所が良いなーと。
私だったら、失敗したくないから、
周りを気にして作業してしまうので。
お菓子以外にそんな所に関心したりして。。。

肝心の実習は、
なんとカードもゴムベラも使わずにタルト生地を作るという
驚きの作製法。
道具なんて使わなくてもお菓子はできるんだ‼︎
と目から鱗。
(でも非常に作りづらく
カードル貸してください🙏と心の中で呟きましたが)

スフレオショコラもなんともシンプルな作り方で、
出来上がりはトロットロで生焼け⁇
と思いましたが、一晩冷蔵庫で寝かせたら
あら不思議。あんなにトロットロだったスフレ生地がしっとり落ち着いて美味しー♡

これは何かに活かせそう‼︎

しかし一人一台作成なので4台お持ち帰り
(今回は一人はお菓子作りはせず)
流石に4代は食べきれないので、通訳の方に
無理矢理⁇2台お渡ししましたww

パリお菓子旅行続きます。。。



by salon-du-gateau | 2020-01-31 08:29 | パリ旅行 | Comments(0)
2020年 01月 29日

パリ お菓子旅行記 vol.3

パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_16202129.jpeg
ベルギーの首都ブリュッセルの中心にある
世界遺産グランプラス。
中世の立物に囲まれた広場
季節により様々なマーケットが開催され
多くのひとで賑わっているそう。
見所は、ほぼここから徒歩圏内で回る事ができます。

パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_16403056.jpeg
世界最古のアーケード
「ギャラリーサンチュベール」
アーケードの中は、ベルギーの人気のショップや
ショコラティエやカフェが並びます。

パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_16440766.jpeg
ベルギーといえば、チョコレート
GODIVA、ノイハウス、ピエールマルコリーニ、
デルレイ、レオニダス
日本でもお馴染みのショコラティエ
ベルギー発なんです。
写真左上は、ピエールマルコリーニ本店
趣きのある建物が印象的です。

本当にショコラティエが沢山あり、
パティスリーをあまりみかけませんでした。
パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_08090033.jpeg
こちら日本未上陸のショコラティエ
「Mary」
パッケージも可愛くてプレゼントにもぴったりです。

パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_08164806.jpeg

  • メゾン・ダンドワが創業以来185年以上作り続けている、ヨーロッパの伝統菓子スペキュロス。
  • ベルギーだけでなく周辺のヨーロッパ諸国にもその名が広く知られています。
  • ブラウンシュガーとシナモンやクローブなどのスパイスが程よく配合され、様々な形で焼かれるのも魅力的です。
パリ お菓子旅行記 vol.3_c0193245_08224378.jpeg
そのほか生粋のブリュッセル人エルジェにより描かれた
「タンタンの大冒険」の壁画や、
世界三大がっかりの一つ「小便小僧」など。
歩いて回れる見所沢山めでパリからの日帰り旅行にぴったり
でした!


by salon-du-gateau | 2020-01-29 16:18 | パリ旅行 | Comments(0)
2020年 01月 28日

パリ お菓子旅行記 vol.2

パリ お菓子旅行記 vol.2_c0193245_16514692.jpeg
翌日はベルギーへ日帰り旅行。
パリからベルギーへは、タリスという列車で
1時間20分程で着きます。

パリでは12月から大規模なストが敢行され
私達が到着するする前週までは、メトロも
昼間は間引き運行され、
交通が麻痺し、人々はそれによるストレスで
トラブルも多く大変だったそうです。

安全第一で、動ける範囲で楽しもうねと話していて、
ベルギー日帰りも行くのは難しいかもと話していました。
ところが、出発の前週あたりから、ストもだいぶ収まり、
タリスも通常の8割程度は動いているとの事で、
急遽前日に列車を予約。
無事に行く事ができました。

パリ お菓子旅行記 vol.2_c0193245_07394132.jpeg

ベルギーといえばワッフル
日本でも一時期流行りましたね。
ベルギーワッフルには2種類あり、

ベルギーの首都ブリュッセルの名が付けられた「ブリュッセルワッフル」と、南東部の都市リエージュの名が付けられた「リエージュワッフル」。この両方を総称して「ベルギーワッフル」と呼ばれています。

ブリュッセルワッフルとは(左下写真奥のもの)長方形の生地の上に生クリーム、アイスクリーム、チョコレートシロップ、フルーツなどを載せたものです。食感はフワフワしていて生地が軽いのが特徴。生地自体に味はあまりついていないので、上にフルーツや生クリーム、ジャム、アイスクリームなど、好みの甘みを載せて食べられます。

一方リエージュワッフルとは
丸型や楕円形のもので、生地の中に粒状のパールシュガーが入っているのが特徴。パールシュガーは熱に強いので、ワッフル生地を高温で焼いてもあまり溶けません。その為、ジャリっとした食感がワッフルに残っていて、その食感も楽しむことが出来、日本でも馴染みのあるのは、こちらのタイプです。

人気のお店で食べ比べたり、
ブリュッセルとリエージュを食べ比べたり。
楽しい時間です♡

パリ お菓子旅行記 vol.2_c0193245_07481602.jpeg

そろそろお腹も空いたのでランチタイムにしましょう。
ベルギーの名物といえば「ムール貝」
ベルギーで食べられるムール貝の多くは、オランダで獲れるものだそうで、近いため冷凍されずに届くので
日本とはまるで味が異なり美味だそう。
バケツの様な入れ物に溢れんばかりに入ったムール貝は
本当に美味しくて、ベルギービールとの相性も抜群でした✨✨

ベルギーレポ続きます。




by salon-du-gateau | 2020-01-28 16:51 | パリ旅行 | Comments(0)
2020年 01月 27日

パリ お菓子旅行レポ vol.1

パリ お菓子旅行レポ vol.1_c0193245_05280293.jpeg

一昨日無事にパリに到着しました。
日曜日はお店も閉まっている所が多いので、
「ザンファンルージュの市場」へ
ひとまず食料の買い出しに。

日曜日なので、閉まっているお店も多かったですが、
新鮮なお野菜や魚介類、チーズなどが並んでいました!

パリ お菓子旅行レポ vol.1_c0193245_05311449.jpeg

この市場は、生鮮食品の他にイタリアンやモロッコ、
メキシコ等様々な国の料理がイートインで頂けるお店が有名だそう。日曜日の為閉まっているお店も多く、ガレットをみんなでシェア。 シンプルなブールサレ、チーズ&オニオン&ハムなどたっぷり入ったガレットどちらも美味しかった!

パリ お菓子旅行レポ vol.1_c0193245_05344146.jpeg
ブラブラと歩いていると、今回行きたい!と思っていた
パティスリーを発見✨✨
水色のベンチが何ともパリらしい可愛いお店。
中には、様々なタルトが沢山✨💕
甘さ控え目で食べやすくとっても美味しかった!

パリ お菓子旅行レポ vol.1_c0193245_05372798.jpeg

今日の1番の目的は、アフタヌーンティー。
そう言えば、3回目のパリお菓子旅行にして初めて‼︎

行った先は「ルブリストルパリ」内のカフェ。
ルブリストルパリは、5つ星を超える「パラスホテル」
エレガントな店内で、お店の店員さんも感じが良く
アフタヌーンティーの雰囲気を楽しめました。
パリ お菓子旅行レポ vol.1_c0193245_16182954.jpeg
まずは3段トレーに
サンドウィッチ、ケーキ3種、
そしてクグロフが。

かなりのボリュームで、サンドウィッチとケーキ2種で既に
お腹いっぱいに💦
ケーキは、モンブラン、柚子を使ったシュー、
グレープフルーツとピスタチオのケーキ3種。

モンブランはタルト仕立てで、サブレ生地の厚さも絶妙に美味しくカシスが組み合わせてあり、
重くなく、甘さも控え目で食べ易い。
逆にもう少し栗を感じる重さがあっても良いかもという位。
シューも、柚子がとっても効いていて、爽やか。
全体的に甘さも控え目で、組み合わせも良く
どのケーキも美味しかったです。

最後にスコーンが出てきたのですが、
これが写真右下のマフィンのようなもの。
これが想像していたスコーンと異なり
ちょっと残念でしたが、
アフタヌーンティーの雰囲気を楽しむ事ができました。

帰りは腹ごなしに歩きながらお買い物をしながら。

パリでお菓子を楽しむ旅が始まりました。

明日は日帰りでベルギーまで行く予定です。


by salon-du-gateau | 2020-01-27 05:27 | パリ旅行 | Comments(0)
2018年 01月 29日

パリお菓子旅行記2018 vol.9

パリお菓子旅行記2018 vol.9_c0193245_00423750.jpeg
過去投稿を見ていたら、こちらの文章が何故か入ってませんでした💦
食事はほぼアパートに帰ってから買ってきたものなどを中心に頂きました。
前回のアパートが、キッチンが充実していたのに比べて、今回はキッチンが小さく、オーブンもない為に、
なんとか電子レンジやIHコンロでできるものをと
考えました。

オーブンがあれば、
マルシェで鶏を買ってきてオーブン焼きも出来るのですが、残念‼︎

途中で、日本食が恋しくなる事が予想された為に、
お素麺や、お米、味噌汁なども持参。

ところが付属のIHコンロが故障していて使えません‼︎

でも調べるとレンジでお米も炊けるし、素麺を茹でられるとの事。
なんでも工夫すればできるんですね‼︎

お米も予想以上に美味しく炊けて、久しぶりのお味噌汁と共に美味しく頂きました。
ラビオリやキノコのソテーも、
電子レンジで美味しくできましたよ!

アパート滞在は、
この自炊できるところが何より楽しいですね。



by salon-du-gateau | 2018-01-29 00:23 | パリ旅行 | Comments(0)
2016年 10月 02日

パリ旅行記 vol.10

パリ旅行記 vol.10_c0193245_23352830.jpg

長期間にわたりお付き合い頂きありがとうございました。
2016年パリ旅行記最終回となります。

最後はお土産を少しご紹介!

今回は特にこれを絶対に買って帰ろう!!と
いったものもあまりありませんでしたし、
お買い物はそんなにしないかも。と思いながらも
スーツケース2個で行った私。

帰りもおそらくガラガラかも~。。と思っていましたが、
やはりそれなりにいっぱいに(^^;)

お土産が多いですけれどね!




パリ旅行記 vol.10_c0193245_23383322.jpg


まずはお菓子教室に使えそうな
シンプルなペーパーナフキンやアレキサンドルチュルポーのナフキン。
ZARAHOMEでは、お菓子をのせたら素敵そうな、石のプレートや
ちょっと華やかなナフキンリングを♬
マルシェでは、フランスらしい、リネンのランチョンマットを購入しました。

あとは、紅茶やアラザン、お花の砂糖漬け
お菓子の型は、小ぶりなので、型外し大変なんじゃない!?という友達の
助言を振り切って(笑)シリコンを3枚程。

ワインも頑張って連れて帰ってきました。
お土産には、KUSUMITEAやMONOPRIXのエコバック
ポワラーヌのクッキー等々

我が家にはジャックジュナンのショコラを大人買い♬

お土産を少しずつ楽しみながらもまだパリの余韻に浸っております。
お教室には、旅行の写真も置いてありますので、ご興味あります方は
お声をかけて下さいね。

一緒に行った友人達のお陰で本当に楽しいパリ旅行となりました。
本当に感謝です。
またいつか一緒に行けるようにお金を貯めようね!と硬く約束(笑)

私も今回の旅行でインスピレーションを得て、
作りたいお菓子もいくつか浮かんできています。
これからのレッスンに沢山活かせるように
また頑張って行きたい思っております。
今後とも サロン・ド・ガトーをよろしくお願いいたします!


にほんブログ村

パリ旅行記 vol.10_c0193245_23531131.jpg


by salon-du-gateau | 2016-10-02 23:48 | パリ旅行