人気ブログランキング |

お菓子教室 「Salon du Gateau」 Sweets diary

sdgateau.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 28日

パリお菓子旅行2018 vol.8

c0193245_19522523.jpeg
さて、今日のメインイベント
ルノートルでのレッスンです。

ルノートルは3箇所にスタジオがあり、
それぞれレッスンが開催されているそう。

私達が選んだのは
「ガレットデロワ」のレッスン

パイ生地は基礎コースでも応用コースでも
やりますが、特別得意分野ではありません。

またガレットデロワを常に綺麗に焼き上げるのは
やはりなかなか難しく、今年もガレットデロワ焼きましたが、
ブログに載せるまでもない出来映え😅

というわけで今回学ぶ事にしました。

日本でもだいぶ馴染んで来た
ガレットデロワですが、まだまだ知らない方も多いようで、
私は親戚の集まりに持って行きましたが、誰も知りませんでした。通常はエピファニーという祝日に頂くお菓子で、
中に陶器でできた小さなフェーブが入っていて、
それが当たった人はその日1日みんなから祝福を受けるというとても楽しいお菓子です。

フランスでは、1月中はかなりのお菓子屋さん、パン屋さんて置かれている事が多く、
今回の旅でもよく見かけました。

さて、レッスンですが、
一人一台仕上げます。
まずは差し替え生地を使い一人ずつ成形。
描く模様や深さによりかなり印象も変わります。

深さの調節も難しいです。

焼いている間に生地の作成を。

今までのバターの包み方より少し手軽な方法で。
これでも大丈夫なんだとちょっと目から鱗でした。

焼き上がったガレットデロワは、
どれも味があって素敵。

日本のパティスリーは、少しの隙もないくらい綺麗なケーキ
しか並んでませんが、パリはもう少しラフです。

ガレットデロワも様々。
正直なところ、こんな感じでも良いんだと気楽になったり(笑)

きちんとしたガレットデロワをつくる事は目指したいですが、もう少し肩の力を抜いて作っても良いかなと
今回の旅で思いました。

さて、いよいよ旅も終盤になって来ました。




by salon-du-gateau | 2018-01-28 19:51 | Comments(0)


<< パリお菓子旅行記2018 vol.9      パリお菓子旅行2018 vol.7 >>