お菓子教室 「Salon du Gateau」 Sweets diary

sdgateau.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:パリ旅行( 10 )


2016年 10月 02日

パリ旅行記 vol.10

c0193245_23352830.jpg

長期間にわたりお付き合い頂きありがとうございました。
2016年パリ旅行記最終回となります。

最後はお土産を少しご紹介!

今回は特にこれを絶対に買って帰ろう!!と
いったものもあまりありませんでしたし、
お買い物はそんなにしないかも。と思いながらも
スーツケース2個で行った私。

帰りもおそらくガラガラかも~。。と思っていましたが、
やはりそれなりにいっぱいに(^^;)

お土産が多いですけれどね!




c0193245_23383322.jpg


まずはお菓子教室に使えそうな
シンプルなペーパーナフキンやアレキサンドルチュルポーのナフキン。
ZARAHOMEでは、お菓子をのせたら素敵そうな、石のプレートや
ちょっと華やかなナフキンリングを♬
マルシェでは、フランスらしい、リネンのランチョンマットを購入しました。

あとは、紅茶やアラザン、お花の砂糖漬け
お菓子の型は、小ぶりなので、型外し大変なんじゃない!?という友達の
助言を振り切って(笑)シリコンを3枚程。

ワインも頑張って連れて帰ってきました。
お土産には、KUSUMITEAやMONOPRIXのエコバック
ポワラーヌのクッキー等々

我が家にはジャックジュナンのショコラを大人買い♬

お土産を少しずつ楽しみながらもまだパリの余韻に浸っております。
お教室には、旅行の写真も置いてありますので、ご興味あります方は
お声をかけて下さいね。

一緒に行った友人達のお陰で本当に楽しいパリ旅行となりました。
本当に感謝です。
またいつか一緒に行けるようにお金を貯めようね!と硬く約束(笑)

私も今回の旅行でインスピレーションを得て、
作りたいお菓子もいくつか浮かんできています。
これからのレッスンに沢山活かせるように
また頑張って行きたい思っております。
今後とも サロン・ド・ガトーをよろしくお願いいたします!


にほんブログ村

c0193245_23531131.jpg

[PR]

by salon-du-gateau | 2016-10-02 23:48 | パリ旅行
2016年 09月 27日

パリ旅行記 vol.9

c0193245_855969.jpg


最終日にはお友達一押し!のマルシェへ。

パリには様々なマルシェが開かれていますが、
その中でも一番お勧めだといわれたのが
パリ16区イエナのマルシェ

水曜日と土曜日のみの開催ながら
ビオのマルシェで、
地元のシェフや雨宮塔子さん中村英里子さん等
日本でも著名な方も数多く紹介されています。
高級住宅街にほど近い土地柄、商品の品質が抜群なのだそう。

確かに、他のマルシェを覗いた時に
感じた、魚介類の臭い等(^^;)
こちらではほとんど感じません!
鮮度が違うのでしょうね。

お野菜や他のものも、写真そのもの!!
いえそれ以上です。
本当に見ているだけで楽しい!

c0193245_895858.jpg


残念ながらこちらに訪れたのは出発日でしたので、
食材を買って頂く事はできませんでした。
鶏の丸焼きも今度は是非買って、大きなオーブンで温め直して頂きたい♡

写真は取りませんでしたが、
テーブルリネンや子供服なども豊富で、また可愛いです。
あいにく、出発日でしたので、手持ちの現金があまりなく
(マルシェではカードは使えません)
お土産に買えなかったのですが、小さな女の子のワンピース等
本当に可愛い物が安く売っているので、
姪っ子に買って帰りたかったです。

この後、午前発の便で友人2人が先に帰国し、
私達3人はもう少しだけパリを楽しんで夜の便で帰国しました。

にほんブログ村

c0193245_818453.jpg

[PR]

by salon-du-gateau | 2016-09-27 08:05 | パリ旅行
2016年 09月 26日

パリ旅行記 vol.8

c0193245_7311716.jpg


自炊も多かったので、
美味しいレストランを巡り歩く事は少なかったのですが、
いくつか足を運びました。

お友達が選んでくれたこちらのお店。

Restaurant KIGAWA

合流後、翌日のお昼に向かったこちらのお店。
日本人シェフのレストラン。

ランチは前菜+メイン+デザートで 28ユーロ。

新鮮な季節の素材を使ったトラディショナルなお料理が
自慢のお店です。

日本人のシェフというだけあって
サービスもお味もとても行き届いていて
とても居心地が良いです。

c0193245_7351042.jpg


デザートはそれぞれ皆さん違うものを選んで
お味見も(^^)

お料理もデザートもとても美味しく、大満足した所で
旅のスタートとなりました。

c0193245_7361179.jpg


こちらは最後の夜に訪れたお店。

Le Sot l'y Laisse

パリの中心からは少し離れたところにありますが、
知る人ぞ知る、人気のお店。
平日中日にも関わらず、店内は、日本人のみならず
地元の方で満席。

c0193245_7382427.jpg


数々のパリ情報のblogにも取り上げられていて、
是非また足を運びたいと絶賛されていただけあって
本当に美味しかった!

地元にもなじむパリビストロという雰囲気ながら
ワインの品揃えも一級だそう。

本当に楽しくて永遠に続くのでは?という錯覚さえ起こしてしまって
いたパリ旅行。
最後の晩餐は、それはそれは楽しくて美味しくて!

パリへ行かれる方には是非お勧めしたいレストランです。

パリの美味しいフレンチには日本人シェフがいる。と言われているそう。

今回の旅で、パリの魅力も存分に満喫しましたが、
同時に日本のレストランやパティスリーのクオリティーの高さも
再確認致しました(^^)

にほんブログ村
[PR]

by salon-du-gateau | 2016-09-26 07:30 | パリ旅行
2016年 09月 25日

パリ旅行記 vol.7

c0193245_6204461.jpg


まだまだパリ旅行の余韻も引きずっていますが。。。
(長すぎますが(^^;))
そろそろ、旅行記も一気に仕上げないと!
他の記事もアップしたい物がたまってきました(^^)

さて、お菓子好きの友達との旅行でしたので、
お菓子屋さんやパン屋さんにも多く足を運びましたよ。

全部紹介していると大変なのでかいつまんで。

こちらは滞在アパートの近くにあったケーキ屋さんとパン屋さん。
地元の人から親しまれているお店で、
早朝から空いているのも嬉しい所。
朝起きて、パン買ってくるね!
じゃあ、そのほかのもの用意しておくね。
働き手が数多くいるとそんなこともスムーズにできてうれしい♬

c0193245_6305130.jpg


こちらは5年前にパリに行った時に
お気に入りのお店となった「Jackque Genin」

新店舗もアパート近くにできたので、そちらに立ち寄ってみました。
お店の雰囲気はスタイリッシュでモダンな感じ。
日本語も話せる店員さんもいて、お買い物もしやすいです。
ショコラやキャラメル、パートドフリュイなど
お土産にもピッタリな物が沢山。そしてとっても美味しい!

私はこちらのショコラを家族用(自分にも!!)に沢山買って帰ろうと
心に決めていました(笑)

c0193245_6381668.jpg


そのほかにも、
ARNAUD LARHERやパリで一番カヌレが美味しいと言われる
LEMOINE
老舗中の老舗 Gerard Mulot
エクレア専門店 「L'eclair de genie」こちらは日本にも上陸しているようですね。
アランデュカスのショコラ専門店Le Chocolat Alain Ducasse 等々

他にも訪れたいお店は沢山ありましたが、
次回への宿題という事で、行けなかったお店も多数!

そして今回訪れて感じたのは、
新しいコンセプトのお店やニューオープンのお店も素敵ですけれど
老舗といわれるお店は今も変わらず人々から愛されているのだな
という実感。
Gerard Mulot などは本当に店内がお客さんであふれていて
豊富なケーキのラインナップ。親しみやすいお店の雰囲気。
お惣菜までも揃いその人気の理由もわかります。

c0193245_6581460.jpg


こちらは製菓材料屋さん。
所狭しと並べられたチョコレートやナッツ類。
日本でもみかけるお馴染みのものから、ちょっと珍しいものまで。
食材は日本で買うよりも安いので、私もかなりお持ち帰りしてきました!
アラザン等も日本では手に入らない可愛い物も沢山あります。

そして、大好きな紅茶屋さんBETJEMAN&BARTON
日本でも買う事が出来ますが、パリの何倍ものお値段になるので、
自分ではなかなか買えません(^^;)

お気に入りのものからニューチャレンジまで(^^)
色々と買ってきましたので、またお教室でもご紹介して行きたいと思っています。


にほんブログ村
[PR]

by salon-du-gateau | 2016-09-25 07:06 | パリ旅行 | Comments(0)
2016年 09月 22日

パリ旅行記 vol.6

c0193245_21374754.jpg


今回の旅行のメンバーは皆さん
パリは初めてではなく、観光名所も訪れた事がありましたので、
凱旋門もエッフェル塔も
タクシーから見ただけでシャンゼリゼ通りにも
行かなかったという(^^;)
かなりマニアックな旅でした。

でも、

パリに来たらはやり美術館は訪れたいですね。

どこの美術館に訪れようかと相談しましたが、
まずは
2014年10月にオープンした「ルイヴィトン美術館」に訪れました。

世界的に著名な建築家である「フランク・ゲーリー」が設計を手掛けた
美しい建築物は圧倒的な存在感です。
現代アートを広めることをコンセプトに建設され、
様々なコレクションが常設されています。

私達が訪れた際には残念ながら常設コレクションは展示されておらず、
建物を楽しむという感じでしたが、
こちらの美術館の目玉!?の一つは
「ここでしか買えないルイヴィトン限定アイテム」です。

c0193245_2228962.jpg

(画像はお借りしています)

iphoneケースや、エコバック、お化粧ポーチ等
お土産にもピッタリ!!
ちゃんとLouis Vuitton の文字も入っています(^^)
デザインもシンプルでとても可愛いのです。
私も、義妹や義理姉にお土産に購入して、
ルイ・ヴィトンで買ってきたんだよ。。と恩着せがましく(笑)渡しまして
とっても喜んでもらえました(^^)

c0193245_2231327.jpg


次に訪れたのはオルセー美術館

もとターミナル駅だった建物を改装したオルセー美術館は
名物の美しい大時計がその面影を残します。
ルノワール、モネ、マネなどの印象派の作品やセザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンの
名作等を数多く観ることができ、そのコレクションは
本当に感激でした。
特に初日に訪れたモネの睡蓮も飾られていて
あの綺麗だったジヴェルニーのお庭を想い返しました。
また行きたいです。

パリの3大美術館(ルーブル、オルセー、オランジュリー)は
第一日曜日は入場料が無料になるというおまけつき(^^)
知らずに訪れたのですが、この日にいくつか回るというのも得策ですね。

美術館も堪能し、パリ滞在も終盤となってきました。

にほんブログ村
[PR]

by salon-du-gateau | 2016-09-22 22:35 | パリ旅行
2016年 09月 15日

パリ旅行記 vol.5

c0193245_20595351.jpg


中日には、ロンドンへ日帰り旅行♬

パリからは、1994年に開通したユーロスターで
ロンドンやブリュッセルへ行くことが出来ます。
もちろん国境を渡るので、入国審査やパスポートも必要ですが、
ロンドンへ2時間半程で行けるので、とても便利です。

到着後はまずは、「大英博物館」
大学4年の卒業旅行で訪れて以来です。

ロゼッタストーンや、世界最古のミイラ 
15万点以上もの展示物は圧巻でした。

c0193245_2261799.jpg


大英博物館をあとにして向かったのはランチのお店。
ロンドンには美味しいインド料理屋さんが多いそうですね。
美味しいインド料理屋さんを教えて頂きそちらに向かう事に。

パリとロンドン。
同じヨーロッパでも改めて比べてみると雰囲気が違います!
パリはシックで落ち着いているのに比べ、ロンドンは明るくカラフルで
若者も多い。そして地下鉄も街も綺麗です(^^)

c0193245_2284444.jpg


インド料理はこちらで頂きました。
とてもきれいなレストランでは、お得なランチを頂きました。
久しぶりの香辛料。。美味しい~!

c0193245_2294210.jpg


ランチの後はお土産を買ったり街をぶらぶらしたり(^^)
イギリスはお花も綺麗に飾られていて綺麗でした。
何気なくディスプレイされたお花の配色が素敵過ぎました。

本当はどこかでゆっくりとアフタヌーンティーをしたい所でしたが、
時間切れの為に、スコーンを買って電車で頂く事に。
クロテッドクリームとジャムもつけてくれて可愛いボックス入り♬

滞在時間7時間の駆け足のロンドン日帰り旅でしたが、
密度の濃い滞在に大満足。
でもまたゆっくりと訪れたいと思いました(^^)


にほんブログ村
[PR]

by salon-du-gateau | 2016-09-15 22:13 | パリ旅行
2016年 09月 13日

パリ旅行記 vol.4

c0193245_23442986.jpg


さてさて、大事な本題に。

今回の旅行の第一の目的はお菓子のレッスン。

こちら クリストフ・ミシャラクシェフのレッスンを受ける事。

パリの5つ星ホテル「プラザ・アテネ」のレストラン。
アランデュカスのシェフパティシエを務めていたミシャラクシェフが
2012年お菓子教室を併設したパティスリーをオープン。

今までレストランでしか食べられなかったミシャラクシェフのお菓子が
手軽に買えるようになったという事で一躍話題に。

お味は頂いた事はありませが、
その経歴。そして写真を見ると本当に素敵なケーキばかり(^^)

予約をするのも色々と大変でしたが、
お友達のお陰で無事に予約することが出来ました。

c0193245_23474415.jpg


まず受講したのがこちら
アシスタントシェフが講義されるレッスン。
ミシャラクのベストレシピの中から3品教えて頂きました。

アシスタントシェフは英語でも通訳してくれましたが、
英語もフランス語も得意ではないので、
兎に角必死に見ることに。
アシスタントシェフは分かり易く丁寧に教えてくれたので
理解することが出来ました。お菓子作りは世界共通!

c0193245_23502798.jpg


そしていよいよミシャラクシェフのレッスンの日。

ミシャラクシェフのレッスンは実習ではなくて、デモを見るスタイル。
12人の生徒がシェフを囲み着席して講義を聞きます。
ミシャラクシェフはほぼフランス語オンリーでしたので、
かなり大変でした007.gif

教えて頂いたのはこちらの4品。
こちらも必死に見ながらメモを取りました。

グリーンのカップのお菓子は
ABRICOTE
グリーン色のチョコレートを使ってカップを作り
アプリコットを合わせたお菓子。
そのカップのつくり方は初めてで、色々なバリエーションで作れそうです。
これはバレンタインレッスンでアレンジしてご紹介しようかな。

グラスデザートにはジャンドゥージャのパルフェと
コーヒーとアニスの風味の生クリーム。そして中にはキャラメルが入っていて
間違えのない美味しさです。
写真撮影用のセッティングに
ピンクのプレートを合わせる所が素敵です。

4品のデザートを教えて頂きましたが、
フランス語がわからないとかなり厳しく、
勉強したくなりました。(でもその前に英語を何とかしたい!!)

5年前にパリにお菓子研修に参加した時は
伝統的なフランス菓子を教えて頂きましたが、
今回はシェフのオリジナリティあふれるお菓子を教えて頂きました。

今後のレッスンに活かせるように
自分の中で消化して行きたいと思います。

c0193245_044068.jpg


おまけの写真です。

こちらアシスタントシェフのレッスン前に出して
頂いたお菓子です。
紅茶やコーヒーをお好みで頂きながら受講するスタイルが
フランスらしい。
お皿にもセンスを感じます。

にほんブログ村

[PR]

by salon-du-gateau | 2016-09-13 00:05 | パリ旅行
2016年 09月 11日

パリ旅行記vol.3

c0193245_22531411.jpg


今回の旅のメンバーは
一緒にお菓子を習うお友達達。
私を含め総勢5名。

素敵なお菓子教室を主宰していたり
伊豆にご自分のお店をお持ちだったり、
本当に凄い人々ばかり!!

新宿のお菓子教室 l'erable 主宰の かえでさん → 

たけだかおる洋菓子研究室。主宰の かおるさん → 

伊豆田京にあるお菓子屋さん
Anvers を主宰するいつ子さん → 

レッスンでは何年も顔を合わせてますし
お食事も行ったことがありますが、
旅行はもちろん初めて!!

少々緊張しながら旅は始まりました。

今回は5名ということでホテルよりもリーズナブルな
アパートメントを借りました。
3ベットルームに2バスルーム。キッチン付きです。
お部屋からはお庭に出ることも出来て
思い描いていたこれぞパリのアパルトマン053.gif
素敵です。

c0193245_2372271.jpg


自炊も色々としました。
朝食は、行ってみたかったパン屋さんや
近くのパン屋さんで美味しそうなパンを調達したり
スーパーで様々なヨーグルト(フランスには
見たことも無い様なヨーグルトが沢山で色々と試してみたくなります)
や、バター等も色々買い込んで試食試食♬

フルーツやお野菜も日本ではみかけない物があり、
そんなものも試しに買ってみました。

c0193245_23153185.jpg


写真冒頭のパエリアはなんと冷凍食品desu!!
アパート近くに冷凍食品専用のスーパーがあり、
売っているものは全て冷凍食品。
写真のパエリアもこの状態で凍っているのでフライパンに移して
蓋をしながら火を通すだけ。
そして、お味のクオリティーも高いんです。
日本だと冷凍食品を使うのはなんだか罪悪感がありますが、
これだけ美味しければ、うまく使って家事と仕事の
両立をするのもいいのかもと思いました。
他にもラザニアや春巻き等どれもとっても美味しかったです。

中日には、私が持参したおそうめんも登場しました♪
予想通り、お醤油味が恋しくなって
皆で美味しく頂きました。

旅では、素敵なレストランに行くのも楽しいですけれど、
毎回外食では飽きてしまいますし、どうしても野菜不足になりがちです。
そんな時にキッチン付きならば、お野菜もたっぷりとれるし
ゆっくりと過ごせるので、疲れも癒えますね。
おまけに食費もかからず、リーズナブル♬

しかも働き者の主婦が5人もいれば、
あっという間に食卓の完成です。

この買出し&食事もこの旅を楽しくしてくれた事の一つでした(^^)


にほんブログ村
[PR]

by salon-du-gateau | 2016-09-11 23:13 | パリ旅行
2016年 09月 10日

パリ旅行紀 vol.2

c0193245_12113774.jpg


ジヴェルニーからパリへ無事に戻りました(^^)
実は、行きの電車はパリからベルノン(バスの乗り換え駅)まで
乗り換えなしで行ったのですが、どうやら帰りの電車は乗り換えが必要だったみたい。
パリへ行きますね?と駅員さんに確認して乗り込んだのですが、
途中停車駅で親切な女性が「パリへ行くなら乗り換えが必要よ!」と
教えてくれました!!
彼女がいなかったら私は途方に暮れてたかも。。。
本当に感謝です。

そんな事もありましたが、無事にパリへ戻りました。
皆との合流までは少し時間がありましたので、お茶をすることに。

前から一度行ってみたかった

Mandarine Oriental Paris

ケーキもとても美味しそうで
一緒に頂きたかったのですが、
残念ながら満腹の為お茶のみに。

中庭に位置されたティールームは雰囲気もよく、一緒に出して下さったほんのりスパイシーな
クッキーも美味しくて疲れも取れました。

c0193245_12154764.jpg


さて、旅の備忘録とこれからパリを訪れる方の為に。

私が初日に宿泊したのはこちら Hotel SCRIBE

どこに泊まろうか?と迷いましたが、
一人で行くので、タクシーに乗るのもちょっとためらわれる。
少しお値段お高くても安全なところを。。。とリサーチ。

空港からはロワシーバスという空港→オペラ座直通バスが出ていて
一人のお客さんにはとっても便利。
11ユーロというお安さもあり、安全面でも問題なし。
スーツケースをもって街中を歩くのは嫌だったので、
ロワシーバスの停留所から200メートルという便利な立地の
こちらのホテルに宿泊しました。

オペラ座近くと観光にもとても便利な位置にあり
ほどよくこじんまりとしたこちらのホテルは
浴槽もしっかりあり、WI-FIもつながりゆっくりとくつろげました。
朝食も彩り豊かで美味しかったのでお勧めですよ。

さて、いよいよみんなと合流です。

にほんブログ村
[PR]

by salon-du-gateau | 2016-09-10 12:23 | パリ旅行
2016年 09月 09日

帰国しました。

c0193245_16451112.jpg

昨日無事に帰国致しました。

夢の様な楽しい旅行で、未だ余韻にも浸っていますが、
家に帰宅し今日は洗濯と掃除に追われ、
すっかり現実に戻りました(^^)

家族も頑張ってお留守番してくれていたみたで、
少々大変だった様相は部屋のあちこちにありましたが(^^;)

自炊もだいぶしていたみたいです。
家族の協力なくしてはいけませんので、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

コタロウも元気でした!
帰ってきたら大喜びで出迎えてくれて、
会いたかったよ~!!
可愛い♡なんだかちょっと大きくなったような。。。

早速旅を振り返ってみたいと思います(^^)


にほんブログ村




c0193245_16481163.jpg


今回の旅行は共にお菓子を学んでいるお友達と5人での旅でした。
飛行機のチケットの都合で、私だけ一日早くパリに入りました。
一人でフリーの一日。さてどう過ごしましょう?

散々迷った挙句。
一度訪れてみたかった
クロード・モネの生家や睡蓮のお庭を見にジヴェルニーへ。

一人で電車とバスを乗り継いで
パリ郊外ノルマンディー地方の入り口にあるジヴェルニーまで行きました。

モネが晩年を過ごしたジヴェルニー
自然があふれるのんびりとした光景に
晩年のモネの作品を想いながらバスに揺られて生家へ。

そこは本当に思い描いていた光景そのもの。
いえ、それ以上の素敵な景色が広がっていました。

お庭は花の庭と池の庭。道路を隔て2つの異なった庭があり、
お花の手入れもモネ自身がされていたそう。
本当に様々なお花がそこここに咲き乱れ、
とても素敵でした。

c0193245_1702414.jpg


池の庭はモネの睡蓮の世界そのもの。
ところどころにベンチがあり、時間を忘れそこに座り込む
人々が印象的でした。
いつまでも眺めていたいそんな光景でした。

c0193245_1711180.jpg


モネは日本画も好んで集められていたそうで、
生家には沢山の日本画が飾られていてちょっと誇らしく。

沢山光の入る明るいお家で
モネの創作意欲が掻き立てられた事が
容易に想像できる素敵なお家でした。

お昼はカフェで軽くのつもりが、
お水よりお安いワインもしっかり頂いてしまいました(^^)
フロマージュのキッシュも美味しかった!

ジヴェルニーの街は静かでのんびりとしていて
こんな可愛らしいB&Bもありついつい写真を撮りました。

さてさて、そろそろ時間です。
また電車とバスを乗り継いでパリへ戻りました。

続く。。。
[PR]

by salon-du-gateau | 2016-09-09 17:09 | パリ旅行