お菓子教室 「Salon du Gateau」 Sweets diary

sdgateau.exblog.jp
ブログトップ

2018年 01月 31日 ( 2 )


2018年 01月 31日

パリお菓子旅行記2018 最終回

c0193245_09473754.jpeg
昨日無事に帰国しました。
心配していた我が家も息子の洋服が散乱していたくらいで、洗濯もちゃんとしていたみたい。
コタロウも実家で両親に甘えて元気にしているそうで
今日帰ってきます。

昨晩は荷物の片付け等していたら寝るのが遅くなりましたが、時差ボケであまり寝れず😅
ゆっくり体調戻して行きたいと思います。

今回は、あまり物は増やさない様に…と
気をつけましたが、やはり出会ってしまったステキな食器達はいくつか持ち帰りました!
なんともレース調の細工が美しいケーキスタンドに、
ルノートルオリジナルのケーキ皿とマグカップ♪
ラデュレではマカロンがついた可愛いキーホルダー。
幸いなことに?高価なバック等にはあまり興味が無いので、
お土産といっても可愛いものです(^^)

あとはレッスンで使うテーブルクロスやナフキン、
テーブルマット等。
セールをやっていたので、どれも格安で購入できてラッキーでした。
紅茶はいくらあっても嬉しいので、
仕入れの様に、沢山買ってきました!
皆さんレッスンでお楽しみに^_^

可愛い女の子のワンピースは、
姪っ子のお土産♪
前に来た時にマルシェで可愛い女の子の洋服が売っていて、
今回は是非買いたいなーと思ってました。
2歳と5歳の姪っ子にお揃いです♡

あとはお土産や
製菓材料!
チョコレートも安いので買いましたが(重い💦)
1キロなんてあっという間に無くなりますが、
それでも安かったので頑張って持って帰りました!

シルパンやロールパットも安かったです。
レッスンスタジオ広くなりましたので、道具も買い足してきました。

まだまだ余韻に浸りたい所ですが、
さっそく明後日から2月のレッスンが始まるので、
準備開始です。

さて、たっぷり充電できましたので、
また家のことお菓子教室
色々と頑張りたいと思います。

今回も一緒に旅をしてくれた大好きなメンバー、
そして、快く送り出してくれた家族に心より感謝します。



[PR]

by salon-du-gateau | 2018-01-31 09:47 | Comments(0)
2018年 01月 31日

パリお菓子旅行記2018 vol.16

c0193245_16154754.jpeg
いよいよパリ最終日
帰国便は、19時半のフライトなので、
15時位まで、かなりゆっくり最終日も楽しめます。
一緒に旅行するメンバーがみな旅慣れている為に
いつもみんなに連いていくばかりですが、
最終日は自由行動なので、計画を持って。

行きたかったところ、
買いたかったもの、お土産等を中心に
回りました。

ヨーロッパを旅行すると、
本当によく歩きますが、
今回の旅も本当によく歩きました。
1日10キロ以上は歩いてたかな。

今はGoogleで何でも調べられるので
本当にスマホがあれば、ガイドブックは要りませんね💦
流石に最終日は疲れがたまり、
朝はゆっくり目のスタート。

前回訪れたい時に時間がなくて食べれなかった
ファラフェル を求めてマレ地区へ。

ファラフェル とは
ひよこ豆または、そら豆から作ったコロッケの様な食べ物。

それを北米やヨーロッパの中東料理店で
ピタパンに野菜やスパイシーなソースと共に挟む形で
売られています。

旅行では、どうしても野菜が不足しがちなので、
野菜たっぷりなのも嬉しいところ。

残ってる紙幣の関係で一番安い
ベジタブルしか頼めませんでしたが、
ファラフェル が沢山入っているので、ボリュームたっぷり‼︎
歩きながら食べられるのも一人旅には嬉しい所です。

ファラフェル のお店の近くには

yann couversがあったので、もう一度スイーツを頂こうと思ってたのですが、ファラフェル でお腹いっぱいになり断念!

その後はお菓子の道具やさんにいったり、
オペラ近辺のギャラリーラファイエットやザラホーム等
主にレッスンで使える物やお土産等を中心に買ってきました。

今回とても便利だったのが、

Uber

事前に登録しておき、スマホ経由で近くにいるタクシーを呼べるシステムで、カード決済なので、降りる時もスマートに降りられます。
モンサンミッシェルに行くツアーの時は集合が早かった為に6時半頃タクシーを捕まえなくてはいけませんでしたが、
Uberのお陰で安心かつ迅速にタクシーに乗る事が出来ました。
また、運転手の評価を乗車後につけられる為に
安心かつ親切な対応をしてもらいました。

2010年にサンフランシスコで始められ、今は
世界100国以上で使われているそうです。

早目にシャルル・ド・ゴールへ着き、
ゆっくりラウンジで旅の余韻に浸りながら
いよいよ帰国です。



[PR]

by salon-du-gateau | 2018-01-31 08:14 | Comments(0)