「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 10日

ガレットデロワレッスンレポ

c0193245_054747.jpg

先日ガレットデロワのレッスンを
受けさせて頂きました。

遅くなりましたがレポさせて頂きます♪

ガレットデロワ

ここ最近日本でもかなり売られる様になりました。
ガレットデロワとはフランスで公現節(1月6日)
の際に食べられるお菓子。
中にフェーヴ(fève、ソラマメの意)と呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っている。
家族で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれる食べれれるパイ菓子です。

お友達の作るガレットデロワが美しすぎて!
ガレットデロワのコンテストでも優勝経験のあるお友達に
お願いしてレッスンを受けさせて頂きました。


にほんブログ村




c0193245_0153468.jpg



まずお宅に入って目に入ったのが
こちらの可愛いFeve達♪
フランス語で「ソラマメ」を意味するFeve達。

本当にどれも可愛く精巧に作られていて
ずっと見ていたくなるほどです。

まずは先生の仕込んだ生地を使い、一人一台作成していきます。

パイ生地はお菓子教室でも、基礎&応用それぞれのコースで
ご紹介させて頂いています。

でも、折り込みのパイ生地はなんとなく苦手意識が。
そんな不安を払拭するべくレッスン参加をお願いいたしました。

パイ生地を折り込んでいく際のポイント。
ガレットデロワ作成の際にあると便利なグッズたち。

様々なコツを丁寧に教えて頂きました。

焼き上がりを待つ間もソワソワ&ワクワク(^^)

そして、焼きがりましたのが、一番下の写真。
私が作成したガレットデロワです。

綺麗に焼き色が付き、パイも綺麗に上がっています。
でも、表面のレイエ(模様)の真ん中の線が深すぎました!!
加減が難しいですが、とても美味しそうな焼き上がりに大満足です。

試食は先生が作って下さった美しいガレットデロワを。

なんと!Feveは私のところに!
初めて当たりましたがなんて嬉しいのでしょう~emoticon-0115-inlove.gif

気の合った楽しいお友達とのお菓子作り。
そして、お店で売っている物よりも綺麗で美味しいガレットデロワ
それでも先生のガレットデロワは毎年進化をしているそうです〜✨💕
とても楽しく有意義な時間でした。

そして今月はお菓子教室でも応用コースで、「ミルフィーユ」を
ご紹介させて頂いています。
折り方は先生は「アンヴェルセ」でレッスンのミルフィーユは「オルディネール」
なので異なりますが、折る際のポイントを伝授して頂きましたので
参考にさせて頂くと、例年よりもサクサクで美味しくできて感激♡

折り込みパイへの苦手意識が無くなりました。

お家で作れるようにと、生地とアーモンドクリームも頂いたので、
今週末に早速復習してみます♪

先生素敵なレッスンをありがとうございました!

c0193245_0385589.jpg

[PR]

by salon-du-gateau | 2017-02-10 00:27 | 受講講座


<< バレンタインレッスン終了致しました。      2017年4月10日コラボレー... >>